Enterprise Customers

巡回レビュー業務

貿易会社、サービス業向け
月次半日訪問

月3,180元~

製造業向け
月次半日訪問

月5,830元~
原価計算の確認

Summary

  • 月次半日訪問(非製造業)、月次一日訪問(製造業)。往復時間込
  • 日本語財務諸表、レビュー報告書提出(①貴社の中国語財務諸表の品質管理)
  • お客様の総経理に代わってお客様財務担当者の業務監督(②ガバナンス支援)
  • 貴社内で作っている非財務定期レポートと、貴社財務部で作っている財務諸表との整合性確認(③適切な社内の報告書作成担保)

課 題

自社で財務マネージャーを雇うとして、適切な人間は見つかるでしょうか?どうやって能力・経験・素質を見極めますか?
中国では税務や外貨管理のルールの変化のスピードが非常に早く、「何年も経理業務をやっていること」の価値が日本などに比べ非常に低いといえ、時に経験の長さが有害ですらあります。そのため、適切なマネージャーを見つけることは実際かなり難易度が高いものです。

また、いったん雇用した財務部員の教育研修―変化する国のルールに適切に適応できるか―という観点も必須ですので、会計の専門家が定期的に貴社に訪問し、指導を受けるということは有益なものです。

更に、ともすれば財務部員は社内で「独善」の態度を取りやすいです。貴社の総経理さんは、財務部員がきちんと出勤しているか、勤怠のチェックを行うことは出来ると思います。しかし財務の担当者として本来行うべきことを行っているのかどうか、本来上げるべきエラーやリスク呈示の報告がごまかされていないか、どこまでチェックできるでしょうか。

このような方にお勧めしております

  • 現地法人財務についてそろそろ「自己流」を改めたいすべての方
  • 製造や営業等財務以外の分野で、中国でのキャリアと実績を豊富に積まれて来た日本人の方
  • 業務拡大する現地法人高級管理職として時間が足りず、財務管理方面をすべて任せたいと思われている方
  • 日本親会社との関係は良好・緊密なものの、親会社経理部の方の要求は良くわからず、その部分のコミュニケーションを任せたい中国人高級管理職の方
  • 中国子会社の内部監査・業務監査をどう行えばよいかお困りの方

Why AS?

当社の考える巡回レビュー業務の主な意義は次の通りです。
①定期的に訪問すること自体に意味がある。
②貴社の総経理、貴社の財務部員、本社様の経理部ご担当者、3者のコミュニケーションを媒介する。
③財務部員の成果物である財務諸表や税務申告書の品質を確認するのは当然として、財務部員が行うべきことを行っているか、税務システムのログ等を直接確認し、きちんと働いて頂く。

サービス細目

  • 日本語の貸借対照表(月次推移表、科目明細)・損益計算書(月次推移表、費用明細)・関連当事者取引明細の提出
  • 定期的な訪問での会計税務処理内容の確認、会計証憑の確認、帳簿と申告書の内容の確認
  • 手続から発見された「特記事項」の日本語による報告
  • 財務指標の比率分析

※弊社がお客様よりお見積もり作成依頼を頂き、ご提出したものを承認頂いて初めてご契約金額が確定致します。上記価格は弊社が必ずこの値段で業務を請け負うという保証を示すものではありません。

臨時支援業務

貴社財務部員の出産等による臨時休暇対応
(※)臨時休暇に入るご担当者会社総負担給与

月(※)
+2,000元

Summary

  • 弊社担当が臨時にお客様のオフィス内で不在となる方の作業を代行
  • 出産等対象者との速やかな引継(ご連絡頂いてから1週間程度)
  • 概ね手取り8,000元以下の方の作業の代行を対象
  • 期間は3か月-半年間程度で契約時に期間を決定
  • 復帰後再引継
  • 業種は問わない

課 題

  • お客様が直接雇用されているスタッフが出産休暇となったため、その期間だけお客様の業務を支援してほしい

貴社財務部員の急な離職による受け皿対応
(※)離職されるご担当者会社総負担給与

月(※)
+2,000元

Summary

  • 弊社担当が臨時にお客様のオフィス内で不在となる方の作業を代行
  • 離職対象者との速やかな引継(ご連絡頂いてから1週間程度)
  • 概ね手取り8,000元以下の方の作業の代行を対象
  • 期間は2か月程度で契約時に期間を決定
  • 後任の方の着任後引継
  • 業種は問わない

課 題

  • お客様の中の財務担当者が同時に全員離職したので、引継を支援してほしい
  • お客様の従前の財務担当者を退職させることにしたが、引継に抵抗しており、引継を支援してほしい

検査・調査対応支援業務

市場監督管理局検査:通常検査対応

5,300元

税務調査現場対応

お問い合わせ
ください

Summary

  • 税務調査がこじれてしまった段階より対応
  • 税務調査のトリガーを引きうる政府申請をしたいので、税務調査に備えたい
  • 会社清算を視野に入れており、リスク調査を行いつつ引継に備えたい

このような方にお勧めしております

  • 離職した財務担当者がお客様の過去の問題を税務局に報告したらしく、税務調査となっているので手伝ってほしい
  • コネによる解決、多額の不透明支出による解決提案をアピールする他社業者に不信感がある
  • 納税信用等級(レーティング)が低く、諸問題が生じているので助けてほしい